為替変動とFXのリスク

レバレッジ

FXの最大の特徴である、元の資金よりもはるかに大きな取引が可能なるのは、この『レバレッジ』という仕組みがあるからです。

 

レバレッジは直訳すると『てこの原理』を意味しており、てこの原理は知っての通り、《小さな力で、大きな力を生み出す原理》です。

 

このてこの原理同様に、小さな資金源で、大きな取引を行うことから『レバレッジ』と言葉を使って呼ばれています。

 

実際にFXでは、“レバレッジが50倍”なんて言い方を使用しますが、これは証拠金に対して50倍の取引を行っていることを言っています。為替レートで、1ドル=120円とします。これを1,000ドル運用しようと思ったら、通常「120円×1,000」つまり日本円で12万円が必要です。

 

しかし、FXではレバレッジがありますから1,200円で12万円分の1000ドルを運用できるのです。

 

なぜ10分の1の値段で資金運用ができるかというと、それはレバレッジが10倍だからです。

 

会社によってこのレバッレジ倍率はレバレッジはまちまちですが、50倍〜100倍に設定されていることが多く、中には200倍なんていう会社も存在するようです。

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • 勃起不全 静岡

  •  
    HOME 為替変動リスク ロスカットの仕組み レバレッジ レバレッジのリスク 分散投資のすすめ