為替変動とFXのリスク

先日、幼稚園で一緒のママさんとバスで一緒になり、インフルエンザの予防接種の話になりました。

どこの病院で打つか聞かれたので、かかりつけの佐野市の内科の話をすると、そのママさんは顔をしかめて「あそこの先生、ちょっと心配じゃない?」と言い出しました。

なんでも、そこのお嬢さんが風邪気味で診てもらった時、「風邪でしょう」とのことで普通の薬しかくれなかったそうなのです。

そこのお嬢さんはその後咳がひどくなり、別の病院で再度診てもらったところ、気管支炎と診断され入院することになったそうです。

それを聞いて、ママさんが憤慨する気持ちもわかるけど、あそこの先生は言葉が足りないだけなのになぁと思いました。

例えば、扁桃腺が腫れているときも「ちょっと喉が赤いですね」というだけで病名は言わないのです。

でも薬はちゃんと症状に対応したものを出してくれます。

だからそこのお嬢さんも、きっと悪化すれば気管支炎になる可能性はあったけれど、様子見だったのではと思いました。

お嬢さんが入院した病院は、すぐ入院させる事で有名なところでしたし。

でも患者の親としてはやはり、丁寧な説明があるほうが安心ですけどね。

個人事業主レベルでも、節税対策として、

これはやっておきたいということはあります。

 

そういったことを知らないが為に、余計に税金を引かれてしまったりと、

個人事業主レベルでも、よくあることですね。

 

やだ自分で、節税の基本的な部分を学ぼうとしても、

なかなか骨が折れるというか、正直しんどいですね。

 

個人事業主として、どうしても節税対策は必要ですし、しっかりと節税について、

勉強をしていきたい! という意味で税理士を探してみると良いかもしれないですね。

 

税理士さんを実際に探してみると分かりますが、

メールや電話で、無料相談ができるというのは珍しいことではありません。

 

税理士紹介サイトなどもすっごくたくさんありますよね。

逆に多すぎてインターネット上だと、どこが本当に良い税理士事務所なのか、

なかなか判断が難しいということもあります。

 

無料で相談できる税理士の中でもおすすめは……、

丸亀 税理士

 

税理士に相談をすることで、税金の悩みも解消できるかも?

投資の世界における有名な格言のひとつに「卵はひとつの籠に盛るな」というものがあります。

 

“ひとつの籠に盛って全てを失うより、時間や籠の数など数回に分けて盛れば、全てを失うことはない” ということを意味しており、投資の場合は一つの銘柄で損失を出しても、他の銘柄の利益でカバー出来る、または、全損せずにすむ。ということになります。

 

預金に対しても同様のことが言えます。

 

例えば、一つの金融機関に資産を全て預けておくと、その金融機関が破綻した時に全損になってしまう恐れがある為、資産を分散して、幾つかの口座で管理しておくことで、全損をせずに済む、ということになります。

「レバレッジ」の語源は「てこの原理」で、少ない力で大きな効果を出すということから、少額で大きな取引を行うことを言います。また、証拠金の何倍の外貨を取引するか、という倍率のことも指します。

 

少額で大きな取引を行うことが出来る為、予想通りにレート変動すれば、大きく利益を上げることも出来ますが、失敗すれば、大きな損失を出しかねません。その為、『ハイリスク・ハイリターン』の取引だと言えます。

 

例えば、レバレッジ倍率が1倍(投資金額=取引金額)の時には、1万円の利益しか出ない場合でも、レバレッジ倍率を100倍で取引を行えば、100万円の利益が生み出せるということになります。

 

逆に、1倍の時には1万円しか損失が出ない場合でも、100倍の取引を行えば100万円の損失になってしまいます。これがリバレッジ効果によるリスクです。

 

この時、損失額が自己負担できる金額なら、問題はありませんが、自己解決できない場合には「破産」にもなり兼ねない為、注意が必要となります。

 

しかし、このレバレッジ倍率は各業者により設定の倍率が異なってもいますが、自分で自由に決めることが出来ます。その為、ハイリターンを望めばハイリスクになりますが、ローリターンで満足するならローリスクに抑えることが可能です。

FXの最大の特徴である、元の資金よりもはるかに大きな取引が可能なるのは、この『レバレッジ』という仕組みがあるからです。

 

レバレッジは直訳すると『てこの原理』を意味しており、てこの原理は知っての通り、《小さな力で、大きな力を生み出す原理》です。

 

このてこの原理同様に、小さな資金源で、大きな取引を行うことから『レバレッジ』と言葉を使って呼ばれています。

 

実際にFXでは、“レバレッジが50倍”なんて言い方を使用しますが、これは証拠金に対して50倍の取引を行っていることを言っています。為替レートで、1ドル=120円とします。これを1,000ドル運用しようと思ったら、通常「120円×1,000」つまり日本円で12万円が必要です。

 

しかし、FXではレバレッジがありますから1,200円で12万円分の1000ドルを運用できるのです。

 

なぜ10分の1の値段で資金運用ができるかというと、それはレバレッジが10倍だからです。

 

会社によってこのレバッレジ倍率はレバレッジはまちまちですが、50倍〜100倍に設定されていることが多く、中には200倍なんていう会社も存在するようです。

ロスカットは、「マージンコール」や「自動ストップロス」ともいわれ、為替の変動が仮に思惑と反対方向(下がる)に動いてしまった際、 「維持証拠金×取引数量」を下回った時点で自動的に決済をしていまうというルールのことを言います。

 

「どうして、勝手に決済してしまうんだ」と思う方もいるかと思いますが、もしそこで決済しておかなくて、損失が拡大してしまう可能性があります。

 

為替の世界は株のように、それ以上上がったり下がったりできない値幅制限(ストップ幅)がありません。

 

ですから、放っておくと無限大に損失が膨らんでしまう可能性をもっているのです。

 

ロスカットはもっている資金以上に損失が膨らまないようにする仕組み、利用する方の大切な資金を守る安全装置の働きをもっているのです。

 

FXの会社によってはロスカットレベルに近づくと、事前にメールでお知らせするサービスも行っています。

 

資金に余裕があって、その後の経過をまだ見続けたい場合は資金を追加して取引を続けることが可能になっています。

 

ただ、損失が大きくなりすぎる前に素早い決済を行うリスクコントロールの重要性を忘れてはいけません。

FXで利益を出す方法としてキャピタルゲインがありますが、このキャピタルゲインとは、為替変動を利用した方法です。

 

しかし、為替変動による利益が出る場合もあれば、逆に、損失が出る場合もあります。それが「為替変動リスク」と呼ばれるもので、しかもFXでレバレッジ倍率の高い取引を行っている場合は、少額の投資金額にもかかわらず、多額の損失を出してしまうことも珍しくはありません。

 

ポジション(外貨を買った状態、または売った状態)を持ち続けることで得られるインカムゲイン(スワップ・ポイント)でも、その影響はあります。

 

それは、FXとは信用取引の為、取引を完了させるには買う℃謌をすれば売る℃謌をしなくてはなりません。

 

この時、取引を完了させないでポジションを持ち続けることで、基本的にはスワップ・ポイントを受け取り続けることが出来ます。

 

しかし、為替の変動により、含み損(取引の最中に算出させる、その時点での損失)が、ある一定額に達すると、取引業者が損失を防ぐ為に、取引を強制終了させることがあります。

 

この為替変動リスクの管理方法は、情報収集と分析により為替レートの変動を“読む”ことと、レバレッジ倍率を低く抑えることと言えます。

最新ニュース

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • 銀座スキンクリニック
  • 脱毛ラボ

  •  
    HOME 為替変動リスク ロスカットの仕組み レバレッジ レバレッジのリスク 分散投資のすすめ